ソフトスポンジラバーを選ぶ理由とは!!?【前編】

xsoft2

シリーズ化されているラバーのほとんどには「ソフトスポンジ」が存在します。「ソフト」や「FX」など各メーカーそれぞれ表記は異なりますが、実際ソフトスポンジにどのようなイメージをお持ちでしょうか!「使いやすい」「コントロールがいい」などよく耳にしますよね!その通りなんですが、ではなぜ使いやすくコントロールしやすいのでしょうか。またソフトスポンジの重要性はそこだけではないのです!

ソフトとハードの違い

軌道ラクザXとラクザXソフトの軌道の違い

まずソフトスポンジはハードスポンジとどこが違うかというと、小さいインパクトでもボールがスポンジに食い込むという点です。「食い込む=ボールを長く持っている」ということになりますので自分がどこにどのようなボールを打ちたいかというのを伝える時間が長くなります!その分、イメージ通りの打球をしやすいので、使いやすい・コントロールが良いということになるのです!また上記の画像のように長く持つ分、発射角度が上がり山なりのボールが出やすいのでネットミスも減り、台にきっちり収まるのです!ハードスポンジでは強いインパクトがないとボールが食い込まないので、パワーがある選手向けということになりますね!

あなたは食い込ませる派?擦る派?

卓球の打法には大きく分けて「食い込ませる」か「擦る」という2種類に分類されます。食い込ませるというのはボールをラバーのシートとスポンジに食い込ませてその反発力とともに打球する打法。擦るというのはシートの表面だけにボールを当てるようなイメージで薄いタッチで打球する打法です。基本的には人によって得意な打法があり、それが食い込ませるか擦るかで選ぶラバーが大きく変わってきます!得意な打法に合ったラバーを選ぶことで、スピード・スピン・安定感が上がり、自分の力を最大限発揮することができます!ソフトスポンジの場合は食い込ませる打法が向いています!もちろん食い込ませるためのソフトスポンジですからね!

「ソフトスポンジ=初級者向け」は間違い??

ハードスポンジは擦る打法が向いており、その代表例が粘着ラバーになります!表面の粘着をいかし擦ることでより多くのスピンをかけることができます!ここで注意してもらいたいのは「粘着ラバーだから回転がかかるのではなく、粘着+擦る打法が得意な選手、もしくは硬いスポンジでも食い込ませるパワーがあってこそ回転がかかる」ということです。中国選手ほどのインパクトがない選手が食い込ませる打法で粘着ラバーを使用しても強烈なスピンが掛からないどころか普通のラバーよりも回転がかからない場合もあります。インパクトの弱い食い込ませる打法の選手はソフトスポンジを使ったほうが回転がかけやすくベストな選択ということです!「ソフトスポンジだから初級者向けでしょ?」と思っている方も多いと思います。そうではなく、初級者はインパクトが弱いのでソフトスポンジを使用するのであって、上級者であってもインパクトが弱くで食い込ませる打法の選手はソフトスポンジがマッチしやすいんです!一度自分のインパクトが強いのか弱いのか、また自分は食い込ませるタイプなのか擦るタイプなのかというのを見直してみましょう!

ソフトスポンジは軽い!

B82_ラクザX B83_ラクザXソフト
ラクザX
特厚の貼り付け後重量
55g
ラクザXソフト
特厚の貼り付け後重量
50g

先ほどは打法による向き不向きがあるといいましたが、もう一つのメリットとしては「軽い」ということです!「硬い=スポンジ密度が高い」ので柔らかいとスポンジ密度が低く軽くなるのです。ラバー自体の性能は気に入っているけど総重量が重くなりすぎてこのまま使用していくか悩むという方は、1度ソフトスポンジバージョンを試してみる価値はあります!!ほとんどのソフトスポンジバージョンは通常バージョンと同じシートを使っている場合が多いので全く違うラバーになってしまうということは少ないと思います!

ソフトスポンジバージョンがあるシリーズラバー

通常 ソフトスポンジ
テナジー05 テナジー05FX
テナジー05 定価:オープン価格
スポンジ硬度:36°
テナジー05FX 定価:オープン価格
スポンジ硬度:32°

大人気のテナジーシリーズでは「FX」とつくものがソフトスポンジ使用になっています!※スポンジ硬度はバタフライの表記のものになります。

ハード ソフトスポンジ
フライアット ハード フライアット ソフト
フライアットハード 定価:3800円+税
スポンジ硬度:35.0°
フライアットソフト 定価:3800+税
スポンジ硬度:30.0°

初級者から中級者まで程よい弾みでオールラウンドなプレーが可能!※スポンジ硬度はNittakuの表記のものになります。

まとめ

ソフトスポンジのメリットはほかにも多くあります。ざっくりと上げてしまうと
・ミート系の技術がやりやすい
・打球音が快音のものが多い
・体勢が崩れても打ち込める
など詳しい説明は【後編】にてしますで、自分のプレースタイルを理解しソフトスポンジとの相性はいいのかどうかを考えてみるとラバー選びがしやすくなるかもしれませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡邊昭太

渡邊昭太メディアディレクター

投稿者プロフィール

こんにちは!
株式会社エレメント卓球事業部の渡邊です。

学生時代は両面裏ソフトのシェークでしたが、現在は表ソフトに興味津々です!
表ソフトの記事が多くなってしまうかもしれませんが、多くの人に様々な卓球の情報をお届けし、より良い卓球ライフを送っていただけるよう日々勉強していきます!!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 25日

ピックアップ記事

  1. デュラングル
    カーボンラケットを使ってみたいけど、やっぱり高い・・・。 卓球用品の価格が高騰しているなか、初級者…
  2. soft
    「ソフトスポンジラバーを選ぶ理由とは!!?【前編】」全編に引き続き、後編です!前回は主に打法について…
  3. xsoft2
    シリーズ化されているラバーのほとんどには「ソフトスポンジ」が存在します。「ソフト」や「FX」など各メ…
ページ上部へ戻る