e9c1e2f3808b68b0942010b9efd0135a_s

皆さん、ラケットの種類をご存知ですか??そんなの聞いたことあるよという方も多いかと思いますが、今回は各ラケットの特徴も踏まえてご紹介していきたいと思います。

シェークハンドとペンホルダー

卓球のラケットには種類があり、シェークハンドラケットペンホルダーラケットの2種類があります。
他にもピストル型のハンドソウラケット、手成りを意識したニッタクのテナリーという少し形が違うラケットがありますが
大まかにはこのシェークとペンの2種類のラケットがほとんどだと思います。

img_02_01
握手をするように握るシェークハンドラケット
img_02_02
お箸を持つように握るペンホルダーラケット

シェークハンドの特徴

table_tennis_shake

シェークハンドの特徴として両面にラバーを貼りますので、フォアはフォア面のラバー、バック面はバック面のラバーで打つことができます。
ただ、都合上両面にラバーを貼るということはラバー交換時のコストが2倍になる点や重量が重くなりやすいという点には注意が必要です。
打ち方として、ペンホルダーのラケットと違いバック側を打球する時に腕が窮屈にならないのでバックハンドは打ちやすく、ラケットの角度の自由度が高いのでボールに対して様々な角度で対処がしやすいことがあげられます。
また、フォアとバックの切り返しでは試していただくと分かると思いますが、直線的に動かすことができるのでとても素早く切り返しが行えます。
しかし、直線的に動かせるがゆえにミドルといいますか、正面に来たボールを処理するときに
普通の状態ではラケットが相手の方に向いてしまうので、フォアで打つかバックで打つか悩む場所でもあります。また、若干でありますがペンホルダーに比べフォアハンドに力が入りにくいので比べると威力が落ちるというところがあります。

ペンホルダーラケットの特徴

table_tennis_pen

ペンホルダーの特徴は片面だけにラバーを貼りますので、フォアもバックに来たボールも片面のラバーで処理することになります。
また、片面だけですのでラバーのコストは片面だけで済みますし、ラケットにラバーを貼った状態でも重さは重くなりにくいかと思います。
ラケットの構造上、角度が固定しやすく、様々な角度を出すには人差し指が当たるところを削ったり、指の力の入れ方を覚える必要があります。
ペンホルダーの打ち方としては、シェークのところでも少し書きましたが、フォアハンドを打つときに力を入れやすいためフォアの威力が出やすい反面、バック側に来たボールに対しては体が窮屈になり強いボールを打ちづらいです。ペンの切り返しは、シェークとは違い半円に動きますので、ミドルに打たれてもシェークと違い打ち返すことができます。
最近ではペンの裏面にもラバーを貼り、バックに来た球を裏面打法というシェークのバックにも負けない打ち方を使う方法もあります。その場合はバックの弱点が克服できる反面、シェーク同様両面貼るコストと総重量が重くなりやすくなります。

 まとめ

シェークハンドラケット ペンホルダーラケット
◇両面で打つことができるが重くなりやすくコストがかかる
◇バックは打ちやすいが若干フォアの威力が落ちる
◇角度が自由
◇切り返しが直線的
◇ミドル処理が難しい
相違点 ◇フォアもバックも片面で打つため重量やコストは抑えられる
◇フォアの威力は出しやすいがバック側が打ちづらく威力が出しづらい
◇角度が固定されやすい
◇切り返しは半円的
◇ミドル処理は割とやさしい
(裏面にもラバーを張るとバックの打ちやすさは解消されるがシェークの項目に近くなる)

いかがでしたでしょうか??シェークハンドラケットとペンホルダーラケットの2つのラケットの特徴をあげてみました。どちらが優れている劣っている事はなく、自分のプレースタイルに合った方を選ぶと良いかと思います。ご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田沼勇祐

田沼勇祐

投稿者プロフィール

こんにちは!
株式会社エレメント 卓球事業部スタッフの田沼です。

2年前までは右中ペン裏裏でしたが、怪我をしてしまい
左シェーク裏裏に転向しました!!
どちらの腕でもプレーをした経験を通して
様々な卓球に関しての情報を提供していけたらなと思います。
宜しくお願い致します!!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. デュラングル
    カーボンラケットを使ってみたいけど、やっぱり高い・・・。 卓球用品の価格が高騰しているなか、初級者…
  2. soft
    「ソフトスポンジラバーを選ぶ理由とは!!?【前編】」全編に引き続き、後編です!前回は主に打法について…
  3. xsoft2
    シリーズ化されているラバーのほとんどには「ソフトスポンジ」が存在します。「ソフト」や「FX」など各メ…
ページ上部へ戻る