【バタフライ】おすすめラケット!ハッドロウシリーズ!

ハッドロウ

ラケットの最先端をいく「バタフライ」。新しい特殊素材を次々生み出していくというイメージですが、木材の本格ラケットにも力を入れています。それが「ハッドロウ」です。「Head(頭)」+「Raw(生・そのまま)」といったトップをとる木材そのままのみの合板ラケットといった意味が込められています。なぜ新発売の木材ラケットを出したのか。それは長年の伝統と確固たる自信があったからだと思います。それでは順を追ってハッドロウの紹介をしていきたいと思います!

ハッドロウシリーズの特徴

■ハッドロウのテーマ

ハッドロウのテーマは「温故知新」です。温故知新とは「昔のことをたずね求め、そこから新しい知識・見解を導くこと」という意味です。古き良き伝統を守るとともに、そこから新たな挑戦・革命に取り組んでいくというハッドロウのコンセプトは伝統として「SK」「VK」を、挑戦・革命として「SR」「VR」を開発しました。伝統である「SK」は「SK7 タクティス」、「VK」は「コルベルスピード」の合板構成をリニューアルしたものになっています!挑戦・革命である「SR」「VR」は木材をウエンジ材とすることで純木材の新しい1歩といえるでしょう!

■シリーズの名前の意味

ハッドロウシリーズは5種類あります。「SR」「SK」「VR」「VK」「シールド」の4種類です!細かくいうと中国式ペンの「CS」や反転式ペンの「リボルバー」もありますがラケット形状での違いのみになります!シールドはその名の通り守備用のラケットになりますが、ほかの4種類はどういった違いがあるのでしょうか。
その違いは名前に隠されています!ハッドロウ○○は2つのアルファベットで名前が付けられていますが、アルファベットの組み合わせによって構成が決められているのです!

◆合板枚数
「S」=「Seven」=「7枚合板」
「V」=「V(ファイブ)」=「5枚合板」

◆材質
「R」=「Revolution」=「ウエンジ材を使用した革命的な攻撃的ラケット」
「K」=「コルベル」=「コルベルのような使いやすさを重視したラケット」

この「合板枚数+材質」によって名前が付けられています!

■性能

弾みについては
7枚合板>5枚合板
ウエンジ材>コルベル
になりますので、

弾む SR
VR
SK
弾みを抑えている VK

となります。コントロールは弾みを抑えているほうが安定するので

コントロール性能が高い VK
SK
VR
コントロール性能が低い SR

という順になると思います。VRとSKに関しては個人によって弾みとコントロールの性能は違うように感じる場合もあります。

各ハッドロウの詳細

【木材に革命を!ウエンジ材を使用しハードでより攻撃的に!】

・力強い攻撃を可能にする純木製の5枚合板ラケット「ハッドロウVR」

ハッドロウVR

ラケットの表面に硬さと弾みが特徴のウエンジ材を使用し、力強い攻撃を可能にするラケット。5枚合板ラケットの中で、打球の威力を求める選手にお勧めです。

・硬くて弾むウエンジ材が重量感のある攻撃を生む7枚合板「ハッドロウSR」

ハッドロウSR

ラケットの表面に硬さと弾みが特徴のウエンジ材を使用した7枚合板ラケット。重量感のある力強い攻撃を求める選手にお勧めです。

 

 

【伝統ある木材の王道!どんなプレーにもマッチするバランス重視!】

・オールラウンドプレーにお勧めの5枚合板ラケット「ハッドロウVK」

ハッドロウVK

オールラウンドプレーヤーにお勧めする5枚合板ラケットです。木材のラケットの伝統ともいえるバランスの良い合板構成で、安定したドライブを打ちやすいのが特長です。

 

・多彩な技術を引き出す7枚合板ラケット「ハッドロウSK」

ハッドロウSK

多彩な技術を可能にする7枚合板ラケット。回転量の多いドライブや安定感のあるプレーを求める選手にお勧めで、前陣から中陣での攻守に威力を発揮します。

 

【人気カットラケット「渋谷プロモデル」をベースにしたラケット】

・攻守両面で安定感が光る元全日本王者モデル「ハッドロウシールド」

ハッドロウ シールド

守備用モデルとして人気を博した『渋谷プロモデル』をベースにしたラケットです。弾みを抑えることで、安定したカットと攻撃の両立を後押しします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡邊昭太

渡邊昭太メディアディレクター

投稿者プロフィール

こんにちは!
株式会社エレメント卓球事業部の渡邊です。

学生時代は両面裏ソフトのシェークでしたが、現在は表ソフトに興味津々です!
表ソフトの記事が多くなってしまうかもしれませんが、多くの人に様々な卓球の情報をお届けし、より良い卓球ライフを送っていただけるよう日々勉強していきます!!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. デュラングル
    カーボンラケットを使ってみたいけど、やっぱり高い・・・。 卓球用品の価格が高騰しているなか、初級者…
  2. soft
    「ソフトスポンジラバーを選ぶ理由とは!!?【前編】」全編に引き続き、後編です!前回は主に打法について…
  3. xsoft2
    シリーズ化されているラバーのほとんどには「ソフトスポンジ」が存在します。「ソフト」や「FX」など各メ…
ページ上部へ戻る